良いサプリメントの選び方

本当に良いサプリメントを選ぶ方法

>

サプリを飲む

サプリメントとは何か

サプリメントと言う言葉には「補う」と言う意味があります。
日常生活を送る上で、どうしても足りなくなってくる部分を補うためのものになります。
なので、マルチビタミンのような、色々な種類の栄養素が含有されているサプリメントを飲んでいるからと言って、健康を維持できるわけではありません。
サプリメントは、あくまでも補助的なものです。
日常生活の中の食事では、どうしても不足してしまう部分を補うためのものなので、サプリメント自体が健康にしてくれるというものではありません。

サプリメントの良いところは、カロリーがほとんど含まれていないことです。
食事だとどうしてもカロリーを摂ることになりますが、サプリメントの場合には目的の栄養成分を摂取することができます。

薬品との違い

サプリメントはあくまでも、食品になります。
医薬品ではないので、色々な場所で、販売することができます。
なので、コンビニなどで気軽に購入することができます。

医薬品の場合には、厳しい規格や基準がハッキリと定められており厚生労働省の承認を得ています。
その薬が及ぼす効果についてもハッキリと表示することができます。

サプリメントの場合には、ビタミン12種類とミネラル5種類の中のどれかが一定量含まれていると栄養機能食品と表示ができます。
医薬品と違い、厚生労働省への届け出も必要ありません。
サプリメントは、医薬品のように、ハッキリと効果を表示することができませんが、同時に確かな効果が無くても、食品なので販売することができます。


この記事をシェアする